弦楽器専門店シレーナ

03-3495-4407 (月火祝休)03-3495-4407 (月火祝定休)

初めての購入でも安心の楽器選び
「しっかり弾ける格安のセットで始めたい。」
シレーナはあなたの「始めたい」気持ちを応援します。

弦楽器の選び方と値段

「自分が選んだんじゃない、楽器が私を選んだんだ」「楽器との出会いは、素敵な恋人に出会うようなものだ」と表現するバイオリニストさんもいるくらい、素敵な楽器との出会い。

しかし「バイオリンやチェロを始めてたい」と思っても、選び方や価格の相場がわからないと、最初の一歩を踏み出せません。このページでは、楽器選びや価格について、弦楽器職人による選び方のポイントをご案内いたします。

弦楽器の選び方

初めて弦楽器を購入する際、まず事前にご検討いただきたいのが「ご予算」「好みの音色」
「ご予算」は、多少の幅を持たせて考えてください。ご予算よりも少し安い、もしくは少し高いクラスの中にお気に入りの楽器があるかもしれないからです。

「好みの音色」はなんとなくでも構いません。例えば、「明るい」「柔らかい」「華やか」「透明感のある」「渋い」「暗め」「落ち着いた」などです。
お気に入りの奏者の音を思い浮かべても良いかもしれません。

「ご予算」と「好きな音色」この二点を、しっかりと検討していただけると、実際のお店での楽器選びがとてもスムーズです。

弦楽器の値段と相場

値段の幅がある弦楽器ですが、大まかな相場も存在します。弦楽器業界の日本の相場について、大人サイズである4/4サイズのヴァイオリンを例に簡単にご説明いたします。

相場1万円以下

この価格帯の楽器は、ほとんどがいい加減な大量生産品です。
楽器には適さない材料を用いて製作されていたり、ボンドなどの強力な接着剤で各部が接着されてしまっている楽器も多く、その後の修理・メンテナンスが出来ない可能性が大きいです。
※下取りできない楽器が殆どですので要注意です。弦楽器専門店シレーナでは、このクラスの楽器は販売しておりません。また、調整・修理などもお断りさせていただいております。

相場10万円以下

この相場の楽器は、量産品と手工品がそれぞれ存在します。例えば、同じ10万円の楽器でも中国製とヨーロッパ製などがあります。
この場合、全体的な作り・音色など中国製の方が出来の良いものが多いです。これは輸入コスト・職人の人件費などが理由です。この価格帯のヨーロッパ製の楽器は、ニスがスプレーの吹付けのようなものも多く、音色も魅力的ではありません。

相場20万円~50万万円

この価格帯の楽器は、1900年代初頭のヨーロッパの古い楽器や、中国製ならばヨーロッパ材を使用した最上級の楽器などがあります。
また、各国の量産品・工房製の楽器でも、十分に吟味して選べば良い楽器と出会えるでしょう。

相場50万円~100円万円

ヨーロッパの古い楽器・イタリアの新作楽器・日本人メーカーの素晴らしい新作楽器などがあります。
作りの良い楽器が多くなり、個性的な楽器が見受けられます。当社では、古いヨーロッパ製の楽器の販売を得意としており、この価格帯でも1800年代の状態の良い楽器をご紹介しております。

相場100万円以上

熟練したイタリアの新作メーカーまた各国の優れた新作楽器、1700~1800年代のアンティーク楽器などが多くなります。
また、古い楽器には鑑定書のついたものも多くなってきます。製作地に固執しなければ、選択肢はとても多いです。

相場500万円以上

モダンイタリアンや過去の名工の製作した楽器があります。
またごく一部ですがプロ・ソリストが使用できる素晴らしい新作メーカーの楽器もあります。この価格帯になるとコンサートでも使用できる楽器も見受けられるようになるでしょう。ドイツ、フランス、イギリスのオールド楽器も選択肢に入ってきます。

相場1000万円以上

有名なモダンイタリアンメーカーの楽器やオールドイタリアン。
数は少ないですが、実力のあるオランダ・ベルギー・フランス・イギリスのオールドバイオリンなども散見できます。全て資産価値を保有する楽器達で、大部分の楽器に鑑定書がついてきます。どれも非常に個性的な楽器で、弾きこなすのに高い能力のいる楽器がほとんどです。

選び方ワンポイントアドバイス

弦楽器を選ぶ上で重要なのは、まずは「適正な価値」「楽器の作りとコンディション」そして「音色・音量」です。

たとえ音色が好みであっても、作り・コンディションが著しく悪い、価値が適正でない、といった場合は選ぶべきではありません。後々、問題が出てくる可能性があるからです。

音色の好みは、個人的な要素が多いので、高ければ良い楽器・良い弓とは一概に言えません。楽器の響き、音量ですが、耳元で大きな音のする楽器が遠くでも大きな音で鳴っているとは限りません。耳元ではさして大きな音がするわけではないのに、遠くまで音が良く通っている楽器もあります。

プロのバイオリニストの方々は、耳元の音と共にステージでの響きも視野に入れて選びます。

新作楽器と古い楽器

多くの新作楽器は、初めは音色、手応えなど若干の硬さ、弾き難さを感じますが、きちんとした奏法で弾き込んでいくと徐々に弾き易く、馴染んだ音色に変化していきます。この馴染む時間や程度は、楽器の作りと奏者の弾き方の影響が大きいので一概には言えません。
フレッシュな音色から徐々に馴染んだ音色になっていく変化を楽しむことが出来ると言えましょう。

作りが良く充分弾き込まれた古い楽器は、成熟し枯れた音色を持っています。新作にはない倍音の豊かさ、柔らかさなどは魅力的です。特に1600・1700年代の楽器は格別の音色を持っております。また、作りの良い楽器でさらにニスが良いものは風格を伴っています。

周囲にじっくり相談できる楽器屋さんなどない場合は、シレーナへご連絡ください。シレーナは、初めてのお客様にも楽器のお値段や状態・選び方などについて、ご納得頂けるまで丁寧にご説明しております。

楽器のことなら安心して何でも相談できるパートナーになれるよう、スタッフ一同みなさまとの出会いを大切にしております。

up-arrow